サービス内容が充実している結婚式場を利用しよう【会場見学が大切】

費用の負担が少ないです

花嫁と花婿

心温まりまる式にしよう

最近は、結婚式をするカップルが減ってきていますが、そんな中でも親戚や知人へのお披露目の挨拶として結婚披露宴を行う方もいます。結婚披露宴には、招待制と会費制の2種類があります。招待制は、招待された方との付き合いの度合いによってご祝儀の金額が変わってきますが、友人ですと最低3万円くらいからのご祝儀になります。会費制は招待されたはがきに(封筒に入っています)、会費の金額が書かれているのでその金額を受付で払います。その時に、特別ご祝儀袋に入れる必要はなく自分のお財布から直接払うのが一般的です。特に、お札にはこだわりはありませんがおめでたい席なので、できたら新券で渡すと相手の方も気持ちがいいはずです。会費制の結婚式では、新郎・新婦の友人や職場の人など各2〜3人ずつ発起人をしてもらい結婚式前に何度か集って、プロフィールの作成や結婚式での流れなどをお手伝いしてもらうことも多いです。当日、結婚式の受け付けもホテルや会場の方ではなく発起人の方がしてくれることも多いです。結婚式も立食っぽいカジュアルなものからホテルのコースなど色々ですが、手作りの温かな雰囲気の結婚式が多いです。引き出物にもお金は、あまりかけずクッキーや焼き菓子などのお菓子や入浴剤や石鹸などの価格の手軽なものが多いです。会費制は、その会費の中から会場費や食事代などをまかなうことができるので人数を多くしても新郎や新婦の負担が少なくなるのでコストが少ないです。会費に応じて、自分たちの希望の場所を選ぶことができます。